ここから本文です

Vivaldi最新版リリース、広告や動画を非表示する機能がカスタマイズ可能に

8/10(木) 16:00配信

アスキー

ウェブブラウザー“Vivaldi”の最新バージョン1.11がリリースされた。新アイコンに、リーダーモード強化、マウスジェスチャー感度調整など。
 
 Vivaldi Technologiesは8月10日、Windows・Mac・Linux向けウェブブラウザー「Vivaldi(ヴィヴァルディ)」の最新バージョン1.11をリリースした。リーダーモードの強化に、マウスジェスチャーの感度調整、アニメーションGIFを無効化できる機能などを追加。あわせて、アプリケーションアイコンも刷新したとのこと。
 
 リーダーモードはページ内の望ましくない広告や動画、そのほかの要素を非表示にし、記事を読むことに集中できる機能。バージョン1.11ではリーダーモードで表示しているページ右上の歯車マークから、リーダーモードのテーマをカスタマイズできる。フォント切り替えや文字サイズ、行間、横幅調整に、背景と文字色の選択も可能で、ネット体験をより快適にするという。
 
 そのほかにも、アニメーションGIFを静止画として表示させる機能や、マウスの軌跡で“戻る”、“進む”といった操作ができるマウスジェスチャー機能の感動調整をし、さらにユーザーライクなウェブブラウザーに仕上がっているとのことだ。
 
 また、今回のバージョンアップにともない、Vivaldeiの“V”アイコンを刷新。革新性と遊び心を併せ持ち、丸く現代的な外観のデザインが、よりVivaldiを際立たせている。
 
 
文● 江幡/ASCII

最終更新:8/16(水) 12:21
アスキー