ここから本文です

<キンプリ>舞台版のルヰ、アレク、ジョージのキャストが発表 アレクは「腹筋、割れてますよ」

8/10(木) 18:00配信

まんたんウェブ

 “応援上映”も話題になった劇場版アニメ「KING OF PRISM(キンプリ)」の舞台版「KING OF PRISM-Over the Sunshine!-」で、内藤大希さんが如月ルヰ、spiさんが大和アレクサンダー(アレク)、古谷大和さんが高田馬場ジョージをそれぞれ演じることが10日、明らかになった。

【写真特集】話題の「キンプリ」とは… キセキの大逆転の裏側

 アレク役のspiさんは「僕も(アレクと同じ)横須賀出身ですので、ご安心ください。ここ(腹筋)、割れてますよ。僕自身が持っているプリズムジャンプ的要素は、少々マイルドなので、この暴君のプリズムジャンプを会得するにはきっと己に『もっと、もっと、もっとだ!(怒)』という感じで挑まなくてはいかんなと思っております。誠心誠意、そして真摯(しんし)に皆さんの大好きなアレクを表現できるよう努力いたします。期待しててくださいね」とコメントを寄せている。

 「キンプリ」は、2013年4月~14年3月に放送された女児向けテレビアニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」のスピンオフで、男性キャラクターの神浜コウジ、速水ヒロ、仁科カヅキたちが歌とショーに懸ける姿を描いている。映像に合わせて、観客が声を上げたり、サイリウムを振ったりして楽しめる“応援上映”も話題になった。「KING OF PRISM by PrettyRhythm」が16年1月に公開され、新作「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」が上映中。

 舞台版は、アニメも手がけた青葉譲さんが脚本を手がけ、橋本祥平さんが一条シン、小南光司さんが神浜コウジ、杉江大志さんが速水ヒロ、大見拓土さんが仁科カヅキを演じる。また、アニメで鷹梁ミナトの声優を務めた五十嵐雅さんが舞台でもミナトを演じる。11月2~5日に梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ(大阪市北区)、11月8~12日にAiiA 2.5Theater Tokyo(東京都渋谷区)で上演される。

最終更新:8/11(金) 10:17
まんたんウェブ