ここから本文です

(患者を生きる:3363)我が家で 小児がん:4 最期は母の胸の中で

8/10(木) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 脳腫瘍(しゅよう)の一つ、脳幹グリオーマを発症した原田歩夢くんの治療は、再燃後、国立成育医療研究センターと連携した在宅チームが中心になった。4歳になったが、埼玉県から東京都への通院は厳しい。母の瑞江さん(28)や父の健太さん(28)の希望だった。
 在宅チームは2015年5月14日、自宅で両親と話し合った。医師の森尚子さん(40)は「人工呼吸器は、呼吸が弱くなった時、眠らせた状態で挿管します。話はできなくなります」など、想定される病状変化や治療内容を説明した。両親は「私たちのことが分からなくなるんだ」とつぶやいた。……本文:1,954文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社