ここから本文です

やなぎさわまちこ、ソロ・デビュー作『わたしの向こう側』を9月にリリース

8/10(木) 16:53配信

CDジャーナル

 MAHOΩやWiennersの一員として活躍後、ayU tokiOや鈴木博文、婦人倶楽部、totosなどのサポートを務めてきた“MAX”ことやなぎさわまちこが、初の単独作『わたしの向こう側』(AICP-007 1,600円 + 税)をリリース。9月6日(水)の発売に先駆け、YouTubeではトレイラーが公開されています。

 同作はayU tokiOこと猪爪東風がプロデュースする6曲入り。1970s ティン・パン・アレーからの影響を独自のフィルタで消化し、レイドバックとコンテンポラリーが同居するモダンで穏やかなポップス・ソングブックとなっています。レコーディングには猪爪のほか、ウラリョウイチ、simoryo(the chef cooks me)、けものけいか(the mornings)が演奏で参加。カヴァー・アートのデザインは、インダストリアル・デュオ“CARRE”のMATERIALが担当しています。

最終更新:8/10(木) 16:54
CDジャーナル