ここから本文です

NAXOSレーベル30周年記念、現代の名指揮者10人のハイレゾ名演集をe-onkyo musicで先行配信

8/10(木) 16:53配信

CDジャーナル

 ナクソス・ジャパンが、現代の名指揮者10人の“いま聴かれるべき”名演を収録したアルバム『10人の名指揮者 - NAXOS30周年記念 ハイレゾ限定コレクション』(96kHz / 24bit)を2017年8月8日(火)よりe-onkyo musicにて独占先行配信開始。

 『10人の名指揮者 - NAXOS30周年記念 ハイレゾ限定コレクション』は、いま世界で活躍している現役指揮者10人の代表的録音を収めたハイレゾ・コンピレーション・アルバム。近年NAXOSでハイレゾ録音されたアルバムから、とくに現代のリスナーに届けたい演奏がピックアップされています。

 本アルバムは、すでにNAXOSレーベルで100枚以上のアルバムをリリースしているアントニ・ヴィト(Antoni Wit)や、女性指揮者の草分け的存在であり、米 / 英のオーケストラの首席指揮者としてエネルギッシュに活躍しているマリン・オルソップ(Marin Alsop)とジョアン・ファレッタ(JoAnn Falletta)、30代にしてすでに北欧 / スペインのスペシャリストとして名声を確立し、近年では日本国内での活動も注目されるピエタリ・インキネン(Pietari Inkinen)とダレル・アン(Darrell Ang)ほか、それぞれ年齢もキャリアもフィールドも異なる10人の指揮者それぞれの“イチオシの名演”を計30トラック収めています。作品は一部を除き、全楽章 / 全曲を収録。ドヴォルザークの「新世界より」ラロの「スペイン交響曲」といったスタンダードな名曲も含まれており、“全曲聴き”のチャレンジにもぴったりです。また、音楽ライターの原 典子による解説もWEBで公開中。

 今回の独占先行配信リリースは、e-onkyo musicの“12周年記念キャンペーン”(2017年8月8日~8月31日)に連動しており、通常2,500円(税込)のところ、キャンペーン期間内のみ2,000円(税込)で販売されています。9月以降は、moraやレコチョク、grooversほか、主要ハイレゾサイトにて配信開始予定です。

最終更新:8/10(木) 16:54
CDジャーナル