ここから本文です

水卜麻美アナ 「ヒルナンデス!」卒業は東京五輪に照準か

8/10(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 好きな女性アナウンサーランキング4年連続1位、理想の上司1位、今や日テレの女王、水卜麻美アナ(30)が8日、「ヒルナンデス!」を9月いっぱいで卒業することを番組で報告。「まだ食べたいものがいっぱいあります! まだ2カ月いますので、飽きずにいてください」と6年半務めた番組を離れ、次は朝の「スッキリ!!」の顔に。水卜は以前から報道番組を志望していたというから念願がかなった形だ。

 しかし、主婦に絶大な人気の水卜アナの存在は大きく、広告収入で「ヒルナンデス!」は午後の情報番組のトップに君臨。しかし、今回の卒業を機に午後の情報番組は戦国時代に突入するという見方がある。対抗番組の「ひるおび!」(TBS系)は、一時は勢力を二分していたが、政治色が強すぎて主婦離れが進み、「バイキング」(フジテレビ系)の討論形式もやや飽きられつつあるからだ。それでも水卜アナを朝の顔に抜擢した背景にはフリー転身の慰留目的があるという。芸能リポーターの川内天子氏がこう解説する。

「この異動は2020年の東京オリンピックに照準を合わせた選択だと思いました。東京五輪で活躍すればアナとしてのポジションはグンと上がる。日テレとしても今、水卜アナに去られるのは大打撃。そこで希望をかなえる形にして、将来に含みを持たせたのでしょう」

 今月の24時間テレビのマラソンランナーにも名前が挙がっている水卜アナ。女子アナ定年といわれる三十路を迎えて心中は穏やかならずか。