ここから本文です

【ミャンマー】技研製作所、チン州道路で災害復旧工事

8/10(木) 11:30配信

NNA

 技研製作所は8日、日本の政府開発援助(ODA)機材調達案件として昨年7月にミャンマー政府に提供した機材による道路災害復旧工事が北西部チン州で5月1日から実施され、6月2日に完工したと発表した。2015年7月の豪雨で被害を受けた州の山岳地域のファラムとハカを結ぶ道路を補強した。
 山肌斜面の崩壊を受け、高い地盤や斜面を切り取って低くし地表を平坦にする工事による応急処置で道路幅を確保していたが、場所によって対面通行可能な2車線道路を確保できなくなりつつあった。今回の工事では現地の硬質地盤への圧入が可能な油圧式杭圧入引抜機「サイレントパイラーF111」を使い、硬質地盤クリア工法、ノンステージング工法と呼ぶ圧入工法で実施。地域住民の生活道路への交通規制を回避するため、転倒する恐れがない「GRBシステム」による仮設レス施工を採用した。
 工事を手掛けたのは、4月の圧入技術講習会を受講したミャンマー建設省の技術者。今後も現地技術者がオペレーターとなって「サイレントパイラーF111」と「GRBシステム」を使い、国内各地のインフラ整備事業に活用する予定という。

最終更新:8/10(木) 11:30
NNA