ここから本文です

陸上=サニブラウンが決勝進出、男子200メートル

8/10(木) 9:41配信

ロイター

[ロンドン 9日 ロイター] - 陸上の世界選手権は9日、ロンドンで競技を行い、男子200メートル準決勝2組でサニブラウン・ハキームは20秒43で2着に入り、決勝に進出した。

同種目で18歳157日での決勝進出は、2005年大会でのウサイン・ボルト(ジャマイカ)の18歳355日を抜き史上最年少となった。

1組の飯塚翔太は20秒62(追い風参考)の5着で、決勝には進めなかった。同種目で五輪銀メダル2個の実績を持つヨハン・ブレーク(ジャマイカ)はサニブラウンと同組で20秒52の3着に終わり、決勝進出を逃した。

ウィルス性胃腸炎により7日と8日にスタジアム入りが許可されなかったアイザック・マクワラ(ボツワナ)は、特例措置により準決勝の2時間前にひとりで予選を走り、20秒20のタイムで予選を通過。準決勝では1組2着の20秒14で決勝に進んだ。

最終更新:8/10(木) 9:41
ロイター