ここから本文です

オムロンが立ち上げるのは“標高10m以下”の最もエッジ寄りなIoT基盤

8/10(木) 8:10配信

MONOist

 オムロンは2017年8月9日、制御と情報を融合し製造現場の「知能化」を加速させるIoTサービス基盤「i-BELT(アイベルト)」を立ち上げると発表した。2017年10月から展開を開始する。

【「i-BELT」の全体イメージの画像など】

●オムロンが推進する「i-Automation」と3つの「i」

 製造現場を取り巻く環境は大きく変化している。熟練工の不足や人件費高騰など、従来の強みであった「匠のモノづくり力」が低下する一方、製品としては高密度の実装や組み立てなど複雑化が進み「匠の力」をさらに要求される状況である。一方で、グローバル最適地生産や同一品質の実現、垂直立ち上げなど、世界各地のあらゆる環境下で高いモノづくり水準を実現できなければならない。

 一方で、技術面を見ると、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)、ロボティクスなどが発展し、ドイツの「インダストリー4.0」など工場のスマート化を進める動きも広がりを見せている。

 こうした中でオムロンではFA(Factory Automation)製品の戦略として「i-Automation」を推進。製造業のモノづくり現場の革新を推進する他、これを3つに分解した「integrated(制御進化)」「intelligent(知能化)」「interactive(人と機械の協調)」に沿った取り組みを進めている※)。

※)関連記事:オムロンの“標高10mのIoT”は製造現場を明るく照らすか(前編)

 この取り組みの一環として新たに展開を開始するのが、モノづくり現場のIoTサービス基盤「i-BELT」である。

 オムロン 執行役員副社長でインダストリアルオートメーションビジネスカンパニー社長の宮永裕氏は「『i-Automation』のもと制御革新、知能化、人と機械の協調を推進してきたがこれらを加速させる存在が『i-BELT』である」と述べている。

●新たに立ち上げる「i-BELT」の意義

 「i-BELT」は、オムロンが2017年4月に発表したAI搭載マシンオートメーションコントローラー※)を軸に、オムロンが保有する幅広い制御機器などからのデータを製造現場レベルで簡単に収集・分析し活用するためのIoTサービス基盤である。

※)関連記事:AI搭載コントローラーをオムロンが投入へ、ハノーバーメッセで発表

 具体的には、以下の3つのステップで活用していくことを考えているという。


1. 制御機器やセンサーなどの入力機器からのデータをAIコントローラーを経由して同一フォーマット上で収集できるようにし、蓄積する
2. 蓄積したデータの「見える化」や分析を支援
3. 蓄積したデータ分析から得られた知見を制御アルゴリズムとしてAIコントローラーにフィードバック

 製造現場でのIoT活用のハードルとなっているのが、まずデータを取得するところだ。「製造現場からデータを取るといっても通信プロトコルが乱立しているだけでなく、上がってくるデータのフォーマットもバラバラで同じデータとして収納できない状況が生まれている。これを整理し1つのフォーマットに統合する役割をAIコントローラーに担わせることで、データ活用が行える土台を作る」と宮永氏は最初のステップについて語る。

 さらに、データ解析や活用のポイントなどをユーザーと一緒に見つけ出す取り組みが第2ステップである。「i-BELT」を通じて設備や工程の予兆をリアルタイムに検出し統合的に分析できる環境を提供する。「データだけを見てもその意味や改善手法などを見つけることは難しい。オムロンがユーザーとともにこれらのポイントを作り上げていくことで、効果的な活用手法を生み出すことができ、ユーザー企業は生産性改善などにつなげられる」(宮永氏)。

 そして第2ステップで実現した知見を現実世界で活用する制御アルゴリズムをAIコントローラーに組み込み、知見を生かした製造現場を実現するというのが第3ステップである。「故障の予知や加工ノウハウなどを制御アルゴリズム化しAIコントローラーに組み込んで展開する。熟練技能者が持っていた『匠の技』をオートメーションで再現する」と宮永氏は語る。

●「他のIoTプラットフォームとも競合するつもりはない」

 「i-BELT」は「AIコントローラー」が1つの核となる。2017年10月の「i-BELT」の最初の展開は「AIコントローラー」にデータを整理するフォーマット化のソフトウェアを組み込んだ「IoTスタートパッケージ」をリリースし、そこから開始する。その後、2018年3月までにこの「IoTスタートパッケージ」の機能拡充を進める。さらに、パートナーとなる接続機器メーカーを拡大する。そして2018年4月から機器制御アプリを順次リリースしていく計画としている。

 「『i-BELT』をオムロンのためだけのものとしていくつもりはない。オムロン以外のパートナーにも入ってもらいユーザーの利点につながるようなオープンな形を目指す。コアパートナーは30社くらいは入ってもらい、一緒に組んで取り組みを進めていく」と宮永氏は考えを示している。

 2016年以降ITベンダーや制御ベンダーなどさまざまな企業が展開する「IoTプラットフォーム」が乱立している状況だ。エッジ領域を対象としたIoTプラットフォームとしても、ファナックが展開する「FIELD system」や三菱電機が展開する「FA-ITオープンプラットフォーム」などが既に存在している。

 これらとの位置付けの違いについて宮永氏は「競合する部分はゼロではないが、基本的には競合していくものではないと考えている。オムロンが狙っているのは瀬生産領域における“標高10m”以下の領域であり、『i-BELT』も現場でIoTを活用できるようにする基盤を目指しているからだ。他のエッジ領域のIoTプラットフォームについても、並び立って競う形ではなく上下の形で住み分けることができる。API(Application Programming Interface)開発などこうしたプラットフォームとの連携も視野には入れている」と述べている。

●高度10m以下のIoT基盤

 オムロンでは以前から製造業のIoTについて「標高10m以下」が対象だと強調してきた。これは、生産現場を支える情報システムを高度に例えたもので、ITベンダーが取り組む基幹系や上位系のシステムは現場を俯瞰して見る高度100m以上の世界としている。一方で、現場の情報を取りまとめ上位系システムとの連携を実現する産業用PCレベルの高さを10mレベルとし、センサーや製造装置の個々のデバイスレベルが0~1mとなる。この10m以下の領域で強みを発揮するのがオムロンというわけである。

 「i-BELT」はこの10m以下を対象としたIoT基盤であるため、10m以上を対象としている他のプラットフォームとは競合しないというのが宮永氏の考えである。「オムロンはエッジ領域での製品群を20万種以上展開しており、10m以下に特化することで特徴を発揮できる。他のプラットフォームとはむしろ連携していくことで、ユーザー企業に新たな価値をもたらすことができる」と宮永氏はプラットフォーム間の展開について述べている。

最終更新:8/10(木) 8:10
MONOist