ここから本文です

柔道・崎山が8強 カヌーK2山田・喜友名組7位 南東北総体

8/10(木) 21:25配信

琉球新報

 【南東北総体取材班】2017年度全国高校総合体育大会・南東北総体は10日、県勢が5競技に出場し、柔道の男子個人81キロ級・崎山寛至(沖縄尚学)は袖釣り込み腰で奥田(京都学園)に敗れて準決勝進出を逃したものの、8強入りと健闘した。同90キロ級の仲嵩爽由(沖縄尚学)は3回戦で敗れて準々決勝には進めなかった。女子団体は沖縄尚学が2回戦で敗退した。
 カヌー(200メートル)のカヤックペア(K2)で頂点を懸けた山田義人・喜友名泰志組(沖縄水産)は40秒489で7位に入賞した。カヤックシングル(K1)の山田は46秒999で9位となり、入賞を逃した。
 なぎなた団体予選リーグAブロックの首里は1―1(代表勝ち)で南陽(京都)を下し、千葉女子を2―2(本数勝ち)で制して2勝し、決勝トーナメントに進んだ。
 剣道は女子団体予選リーグで興南が敗退。アーチェリーは女子個人で兼島恵美(宜野湾)が74位(219人中)と県勢で最高位につけたが、男女個人と団体の宜野湾男女ともに決勝進出を逃した。 【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:8/10(木) 21:25
琉球新報