ここから本文です

阪神に逆転負け 巨人が超攻撃的再編へ

8/10(木) 16:30配信

東スポWeb

<阪神5-4巨人(9日)>ベンチの我慢も限界だ。来日1年目の助っ人守護神が、落とせない一戦で、またも醜態をさらした。

 打線の奮起で7回に3点を奪って逆転に成功し、逃げ切りを図った9回。カミネロは先頭の俊介を遊ゴロに打ち取ったまでは良かった。ところが伊藤隼に中前打で出塁を許すと、ドームの空気が変わり始める。続く福留に右中間を破られる同点三塁打を浴びると、ざわめきは悲鳴に変わった。

 阪神の押せ押せムードにのみ込まれたカミネロは、ロジャースに決勝犠飛を打たれてぼうぜん。球場はG党の大きなため息に包まれた。痛恨の黒星に、冷静な由伸監督も悔しさを隠せない。険しい表情で「逆転したので逃げ切らないといけなかった」と唇をかんだ。

 指揮官は2試合連続失点のカミネロについて「今の最善だと思ってこっちはやっている。ベンチの最善を尽くした形」としたが、配置転換は時間の問題だ。斎藤投手コーチの言葉は厳しかった。「真っすぐ一本じゃ、いくら速くても打たれる。コントロールも変化球の精度も磨かないと。これだけ負けがつくのは、やられているということ」とバッサリ斬ると、配置転換の可能性について「どうするかはまだ全然決めていないけれど、(課題が解消されなければ)それしかない」と語り、再編を示唆した。

 村田真ヘッドコーチも「彼(カミネロ)に任せているわけやから」としたが、それはあくまで現在の陣容でのこと。この日ジャイアンツ球場で行われたイースタン・DeNA戦では、実戦復帰2戦目の澤村が1イニングを無失点。昨季守護神の一軍昇格がいよいよ視界に入ってきた。

 そうなると、投打を巻き込んだ大胆な再編プランが浮上する。首脳陣の描く今後について、チームスタッフは「カミネロは正直、もう厳しい。残り試合はマシソンを抑えに回すことになるのでは。しばらくして澤村が上がってくれば、カミネロを落として、ギャレットを上げることも検討している」と明かした。

 昨季24本塁打を放ち、この日の二軍戦でも決勝2ランを放ったギャレットが加われば、上り調子の一軍打線はさらに破壊力を増す。鹿取GMは、キーマンとなる澤村の昇格時期について、今月中旬との見通しを示していたが…。守護神交代を浮上のきっかけにできるのか、再編の行方が注目される。

最終更新:8/10(木) 16:30
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報