ここから本文です

健闘誓い合う SBS杯国際ユースサッカー、10日から熱戦

8/10(木) 9:00配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 10日開幕の2017SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催)のウエルカムランチが9日、静岡市駿河区登呂の静岡新聞放送会館で開かれた。出場する日本、チリ、チェコの各U―18(18歳以下)代表、静岡ユースの選手と監督が集まり、健闘を誓い合った。

 大会会長の大石剛静岡新聞社・静岡放送社長は「将来の日本、世界のサッカーを引っ張る原石たちの熱い戦いを期待したい」と述べた。

 各チームの主将も闘志を秘める。チェコ代表のリハルド主将は「歴史ある大会で良い結果を残したい」と強調し、チリ代表のアイエンデ主将は「日本での試合は楽しみ」と笑顔で語った。日本代表の石原主将(湘南)は「見ている人を盛り上げるプレーを」と意気込み、静岡ユースの白井主将(清水桜が丘高)は「3試合勝って優勝する」と宣言した。

 大会は4チームによる総当たりのリーグ戦。10日は藤枝総合運動公園サッカー場、11日はエコパスタジアム、最終日の13日は草薙陸上競技場で行われる。当日券は1600円、高校生800円、中学生500円、小学生300円。

静岡新聞社