ここから本文です

【DDT】遠藤の挑発に王者・竹下「コイツを消してやりたい」

8/10(木) 18:13配信

東スポWeb

 DDT真夏のビッグマッチとなる20日の東京・両国国技館大会の会見が10日、都内で行われ、メーンのKO―D無差別級選手権で激突する2人が激しい火花を散らせた。

 口火を切ったのは挑戦者の遠藤哲哉(25)だ。「こいつがチャンピオンだと面白くないでしょ!? 彼がチャンピオンだと何も変わらない」とこれで7度目の防衛戦となる王者の竹下幸之介(22)にダメ出ししたのだ。

 4月29日の後楽園大会でも王者の竹下に挑戦したが、時間切れ引き分けの末に防衛を許した。試合結果だけ見れば負けていないため、王座奪取の自信があるのは当然だろう。

 これで普段はクールな若き王者の表情が変わり「昨年の両国では石川修司選手に負けた。両国のメーンでベルトを取られた経験があるのは自分の強み。両国のメーンには魔物みたいのがいる。ボクはこの2週間、両国のメーンのことだけを考えている。(遠藤には)その経験がないと思うので、押しつぶされそうになっているんじゃないか?」と強調した。

 さらに同じ2012年デビューで、2度もKO―Dタッグ王座を巻いた仲である遠藤に対し「闘いになると嫌な感情が芽生える。憎いし、腹が立つ。コイツを消してやりたいと思う」とまで口にし、挑発的な視線を投げかけた。写真撮影後には2人で額を合わせてニラみ合うと、激しい乱闘まで展開。決戦まで待ったなしだ。

最終更新:8/10(木) 18:19
東スポWeb