ここから本文です

安藤優子、紗栄子の教育方針にポロリ「どこを目指してるんですかね」

8/10(木) 15:36配信

デイリースポーツ

 キャスターの安藤優子が10日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」で、実業家の前澤友作氏と破局したモデルでタレントの紗栄子が、自身の子供達を英国の超名門校に入れようとしているとの報道に触れ、「どこを目指してるんですかね」と率直な気持ちをもらした。

 番組では、前澤氏との破局が明らかになった紗栄子が自身の2人の子供を英国の超名門私立寄宿学校に入学させると報じた週刊誌記事を紹介。ウィリアム王子やヘンリー王子も通ったというイートン校の可能性が高いと報じた。

 番組によれば、イートン校は英王室も御用達の超セレブ学校。英国の首相の多くも輩出している。13歳から入学となるため、紗栄子の子供達はイートン校に入るためのプレ学校に入学するのではと推測した。

 イートン校は制服は燕尾服。その中でも寮長などになるとオーバーコートが着れるようになるなど、服装を見ただけで階級が分かるともいい、遅刻は厳禁、食事も大盛は禁止など、“紳士”になるための教育が施されるという。イートン校を目指す私立小学校に入れば年間7、800万かかることや、イートン校に入っても、年間400万近くかかることなども紹介された。

 単なる名門校ではないことから、安藤優子は「どこを目指してるんですかね、この場合」と本音をポロリ。麒麟の川島明も「そうなんですよ。ここを卒業して何を目標とされるのかわかんない。次元が違う」と、あまりに桁外れな教育方針にピンとこない様子。

 三田友梨佳アナは「イギリスのイートン校ですから、紳士に育てる教育というのが」とコメントすると、川島は「紳士?紳士に育てるのにそんなに金かかるの?」と驚いていた。