ここから本文です

三菱自動車、7人乗りの“次世代クロスオーバーMPV”「エクスパンダー」をインドネシアで世界初披露

8/10(木) 14:50配信

Impress Watch

 三菱自動車工業は8月10日、同社が“次世代クロスオーバーMPV”と位置づける「エクスパンダー」を、第25回インドネシア国際オートショー「The 25th GAIKINDO Indonesia International Auto Show」において世界初披露する。

【この記事に関する別の画像を見る】

 新型モデルのエクスパンダーは、インドネシアの新工場(西ジャワ州ブカシ県)で年間8万台生産する計画、同国では今秋より販売する。また、アセアンをはじめとする一部の地域には、2018年初春より出荷する計画。

 同モデルは7人乗りのミニバンモデルで、MPVとSUVを融合させたクロスオーバーデザインを採用して“次世代クロスオーバーMPV”との位置付け。ボディサイズは4475×1750×1700mm(全長×全幅×全高)で最低地上高は205mm。1.5リッターエンジンにトランスミッションは5速MT、または4速ATを組み合わせる。駆動方式は2WD(FF)。

 同社CEOの益子修氏は「三菱自動車はインドネシアにおいてSUV市場及び小型商用車市場で高いシェアを確保していますが、新型エクスパンダーを伸張著しいMPV市場に投入することで、お客様のカーライフを“expand”しながら、同国でのプレゼンスの更なる拡大を図ってまいります」とコメントしている。

Car Watch,編集部:椿山和雄

最終更新:8/10(木) 14:50
Impress Watch