ここから本文です

横綱稀勢の里が地元茨城で夏巡業初参加 「いい体を作ることを心がけて」

8/10(木) 18:08配信

デイリースポーツ

 左足首を痛め大相撲名古屋場所を途中休場した横綱稀勢の里(31)=田子ノ浦=が10日、地元茨城県・日立市で行われた夏巡業に合流した。1月の初場所後に横綱昇進後、巡業に初参加。稽古に姿を見せるや、故郷のファンの大歓声を浴びた。

【写真】名古屋で勢に敗れ左足首まで負傷

 左足首、春場所で負傷した左上腕部にはテーピングはなし。四股を入念に繰り返し、腕立てなど患部の強化に努めた。稽古後はサイン攻めにあい、その後は綱締めの実演。横綱土俵入りなど、満員4500人を沸かせた。

 取組には入っておらず、まだ相撲を取る段階ではないものの、秋場所(9月10日初日、両国国技館)を見据えた第一歩。「しっかり稽古していい体を作ることを心がけて。やれることをやるだけ」と、力強く話した。