ここから本文です

阪神・俊介が右前適時打で追加点 「1番中堅」で先発、存在感アピール

8/10(木) 18:56配信

デイリースポーツ

 「巨人-阪神」(10日、東京ドーム)

 阪神・俊介が追加点を叩きだした。

 二回。梅野の左前適時打で先制し、なおも1死一、二塁の状況。メッセンジャーが送りバントを決めて2死二、三塁の好機を作った。ここで内海の外角スライダーに反応し、右前へ。三走が生還した。

 「先制して、ランディさん(メッセンジャー)の送りバントが決まったいい流れで回ってきた打席でしたし、積極的に打ちに行きました。もう1点ほしいところで1本打つことができて良かったです」

 糸井が右脇腹の筋挫傷で離脱しているが、その穴を埋める活躍を続ける29歳。この日も勝負強さを発揮した。守備では三回、先頭の亀井が放った中前へ伸びてくる痛烈な打球を好捕。好投を続けるメッセンジャーをもり立てた。

スポーツナビ 野球情報