ここから本文です

Intel、レベル4の高度自動運転車を年内に試験開始

8/10(木) 15:45配信

Impress Watch

 Intelは9日(米国時間)、人間が一切運転に介在しない"高度自動運転車"(SAE level4)に属する車両100台以上を米国やイスラエル、欧州などで年内に順次試験を開始すると発表した。異なった環境で実地テストを繰り返し、そのフィードバックによって開発を促進する狙い。

 高度自動運転車は、自動車の標準化を行なうSAEインターナショナルの定義では0~5までの6段階のうち5段階目、つまりLevel4に属する。高速道路などの限定された状況で操舵や加減速がシステムによって行なわれ、人間が適切な操作を加えることなくとも安全に運転を完遂できる状態と定義されており、あらゆる状況で全制御をシステムが行なう完全自動運転に近いレベルとなる。

 Intelはデータセンターと5G通信技術を融合した自動車向けオープンプラットフォームを開発しており、2017年5月に買収を発表したイスラエルのMobile eyeのセンシング技術とあわせてこれらのテスト車両を開発していく。

 テスト車両は複数のメーカーや車種で作製され、制御技術の柔軟さも実証する。

PC Watch,佐藤 亮

最終更新:8/10(木) 15:45
Impress Watch