ここから本文です

G大阪・藤本 今季絶望…右十字靭帯断裂で全治8カ月

8/10(木) 15:24配信

スポニチアネックス

 J1のG大阪は10日、元日本代表MF藤本淳吾(33)が右膝前十字靭帯断裂で全治8カ月と診断されたと発表した。藤本は今月5日に行われた明治安田生命J1リーグ第20節・甲府戦(中銀スタ)の前半39分に負傷し、同42分に交代していた。

 神奈川県出身の藤本は桐光学園高、筑波大を経て2006年に清水入りし、左足の正確なキックを生かして同年のJリーグ新人王を獲得。11年から名古屋、14年から横浜と移籍を経て16年からG大阪でプレーしていた。07年から12年にかけて日本代表にも選出され、国際Aマッチ13試合に出場して1得点をマークしている。

 今季はここまでJ1リーグ戦14試合に出場して1得点。負傷した甲府戦まで4試合連続スタメンとレギュラーに定着していただけに、本人はもちろんチームにとっても大きな痛手となった。

スポーツナビ サッカー情報