ここから本文です

15歳のスパイダーマンが部活ノリでヒーロー活動。「スパイダーマン:ホームカミング」8月11日公開

8/10(木) 17:00配信

Impress Watch

数あるアメリカヒーローの中でも、その知名度はバツグン。世界中で圧倒的な人気を誇る、スパイダーマン。その待望の新シリーズ「スパイダーマン:ホームカミング」が、8月11日から劇場公開される。公開目前に、スパイダーマンの活躍シーンの映像が公開された。

【この記事に関する別の画像を見る】

作品名:スパイダーマン:ホームカミング劇場公開:8月11日出演:トム・ホランド、マイケル・キートンほか監督:ジョン・ワッツ配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

今回のスパイダーマンは、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の作品として制作。アイアンマンやキャプテン・アメリカなど、マーベル・スタジオでお馴染みのアメリカンヒーローたちが共演する世界へ本格参戦を果たした。

主人公は、スパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・バーカー(トム・ホランド)。ピーターが憧れのアイアンマンに導かれ、真のヒーローになるまでの葛藤と成長を描きつつ、一人の高校生としての青春、恋愛、友情が瑞々しく描かれている。果たしてスパイダーマンはアベンジャーズになれるのか!?

「ホームカミング」とは、卒業生たちも集まるアメリカの高校の一大イベント。「帰郷」という、どこか懐かしい響きもある。本作はスパイダーマンの“原点”に返り、ピーターが本当のヒーローとなって「生きるに値する場所」へたどりつくまでの心の旅を描く。

公開された予告編では、15歳のピーターが、路地裏でスパイダーマン・スーツに生着替えするところからスタート。抜群の身体能力と“クモの糸”を駆使して街に繰り出し、一瞬にして自転車泥棒をキャッチする。未熟で無鉄砲な彼が、まるで“部活のノリ”でヒーロー活動にいそしむ……

スパイダーマン:ホームカミング

ベルリンでのアベンジャーズの戦いに参加し、キャプテン・アメリカからシールドを奪って大興奮していたスパイダーマン=ピーター・ピーター・パーカー。昼間は15歳の普通の高校生としてスクールライフをエンジョイし、放課後は憧れのトニー・スターク=アイアンマンからもらった特製スーツに身を包み、NYの街を救うべく、ご近所パトロールの日々。そんなピーターの目標は、アベンジャーズの仲間入りをし、一人前の<ヒーロー>として認められること。

ある日、スタークに恨みを抱く宿敵“バルチャー”が、巨大な翼を装着しNYを危機に陥れる。アベンジャーズに任せておけというスタークの忠告も聞かずに、ピーターはたった一人、戦いに挑むが――。

AV Watch,AV Watch編集部

最終更新:8/10(木) 17:00
Impress Watch