ここから本文です

ダイハツ、小型車のコンセプトカー2台をインドネシア国際オートショー2017で世界初出展

8/10(木) 17:11配信

Impress Watch

 ダイハツ工業のインドネシアの現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーター(ADM)は、8月10日~20日にインドネシア ジャカルタで開催される「ガイキンド インドネシア国際オートショー2017(GIIAS2017)」で小型車のコンセプトカー「DN MULTISIX」「DN F-SEDAN」を世界初出展する。

【この記事に関する別の画像を見る】

 ADMは今回世界初出展となるコンセプトカーを、“インドネシアのお客様の生活に寄り添い、生活を豊かにする新提案の車両”としており、DN MULTISIXは、多人数乗車が主流のインドネシアでADMが販売しているMPV「セニア」「シグラ」に続く、FFをベースにした新しいカテゴリーのMPVモデル。

 また、DN F-SEDANはAセグメントのハッチバックセダンタイプの小型車で、アジア市場の嗜好にマッチしたスポーティかつスタイリッシュなテイストを実現。これまでのADMのラインアップには無い、新しい市場の可能性を探るコンセプトカーとしている。

 このほかにも、東京オートサロン 2017に出展した軽乗用車「ムーヴ キャンバス Sporza」や小型乗用車「トール Grand Custom」に加え、ダイハツ110周年を記念したインドネシア現地市販車の「シグラ」「セニア」「テリオス」「シリオン」「ルクシオ」の110周年記念特別仕様車など計15台を出展。

 インドネシアにおけるブランドメッセージである「Daihatsu Sahabatku(=My Best Friend)」のもと、それを体現する“Fun, Friendly&Reliable”のイメージを継続して訴求。ダイハツ110周年の感謝を込めて、「Daihatsu FestiveFun」をブーステーマに、インドネシアのお客様のニーズに応える現地最適商品の開発や、現地化への取り組みをアピールする。

Car Watch,編集部:北村友里恵

最終更新:8/10(木) 17:11
Impress Watch