ここから本文です

アウディ、日本で初めて「デイタイムランニングライト(DRL)」を全車標準装備化

8/10(木) 18:20配信

Impress Watch

 アウディ ジャパンは8月10日、8月以降にデリバリーする全モデルに「デイタイムランニングライト(DRL)」を標準装備すると発表した。DRLを全車標準装備とするのは日本で初めてのこと。

 アウディでは「マトリクスLEDヘッドライト」「レーザービームヘッドライト」などの最新技術を市販車両に導入し、クルマの照明技術の革新に取り組んできた。新たに全車標準装備となるDRLでもLEDを採用。消費電力を抑え、常時点灯でも燃費に影響しないよう配慮しており、6月中旬に発売した新型コンパクトSUV「Q2」から導入をスタートしている。

 DRLはドイツを含めたEU各国で2011年2月からすべての新型車に取り付けが義務化されており、日本でも2016年10月に、国土交通省が国連欧州経済委員会(UNECE)の「自動車基準調和世界フォーラム(WP29)」で新たな国際基準が採択されたことを受け、車両の保安基準の一部改正を実施。新たな基準が設けられ、DRLの装着が認められるようになった。

 また、2020年4月から順次適用されることになっている「オートライト搭載機能の装着義務化」では、走行中に周囲が一定の暗さになった場合、自動的にヘッドライトが点灯し、ドライバーによる手動解除ができない機能とするよう規定されている。アウディではこの新基準に先駆け、ヘッドライトとしての機能を併せ持つDRLの標準装備化で対応する。

 アウディではイグニッションをONにすると自動点灯するDRLの標準装備により、昼間もDRLが光を放つことで自車の被視認性を高め、歩行者や対向車に自車の存在をアピールして安全性を高めたいとしている。

Car Watch,編集部:佐久間 秀

最終更新:8/10(木) 18:20
Impress Watch