ここから本文です

ホンダ、軽乗用車「ビート」の一部純正部品を生産再開

8/10(木) 21:32配信

Impress Watch

 本田技研工業は、1991年5月に発売した軽乗用車「ビート」について、一部純正部品の生産を再開することを決定した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 ビートは、軽乗用車初の2シーター・ミッドシップ オープンカーとして登場し、2017年で誕生26年を迎える。同社では「ビートをより長く楽しんでいただきたい」という想いで、純正部品の生産再開を決定したとしている。

 現在、同社Webサイトでは生産再開が決定した部品が公開されており、「タイヤ/ホイールディスク」「シートベルト」「ヒーターブロアー」「テールライト/ライセンスライト」(いずれも再販は一部の部品のみ)に関する情報が掲載されている。

 なお、生産再開が決定した部品から順次公開していくとしている。

Car Watch,編集部:椿山和雄

最終更新:8/10(木) 21:32
Impress Watch