ここから本文です

最強CPUの座を奪取か、AMDのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」が遂にデビュー

8/10(木) 22:00配信

Impress Watch

 Intel Core Xの対抗となるAMDの新たなハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」がデビュー、新しいCPUソケット「Socket TR4」を搭載したマザーと同時に発売された。CPUにクーラーが付属しておらず、かつTDPが180Wと高いので注意が必要だ。

【この記事に関する別の画像を見る】

 店頭価格は1950Xが税抜き145,800円(税込157,464円)、1920Xが税抜き115,800円(税込125,064円)。

 販売ショップはツクモeX.パソコン館、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店、ドスパラパーツ館、ツクモパソコン本店、パソコンショップ アーク、オリオスペック、ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館、OVERCLOCK WORKS。

 製品パッケージは、従来のCPUのパッケージとは大きく異なる巨大サイズで、CPUを取り出すまでに複数のパーツを取り外す必要がある。

■最多で16コア/32スレッドというハイスペックCPU、今回は2モデル発売

 Ryzen Threadripperは、新型ソケットのSocket TR4に対応したHEDT(ハイエンドデスクトップPC)向けCPU。

 同じくHEDTに向けたIntelのCore Xシリーズのライバル製品であり、AMDはRyzen Threadripperで「HEDTにおけるリーダーシップを取る」と宣言。Core i9との比較でパフォーマンス、価格の両方で優れるなどとアピールしている。

 Ryzen Threadripperでは、1つのCPUに2つのダイを構成することで、最多で16コア/32スレッドというハイスペックが実現。メモリインターフェイスは4チャンネルDDR4で、8基のDIMMスロットを備えるマザーボードでは最大128GBの容量が実現できる。計64レーンのPCIe 3.0インターフェイスも備える。

 ラインナップは3モデルで、上位から1950X(16コア/32スレッド ベース3.4GHz)、1920X(12コア/24スレッド、ベース3.5GHz)、1900X(8コア/16スレッド、ベース3.8GHz)。いずれもブーストクロックは4GHz、TDPは180W。なお、今回未発売の1900Xについては、海外では8月末に発売する予定としている。

 また、全モデルがアンロック(クロック倍率非固定)であるほか、冷却システムの性能に応じて自動的にオーバークロックを行なうEFR(Extended Frequency Range、XFRとも約される)も搭載。EFRクロックは全モデル4.2GHz。

(次ページへ続く)

AKIBA PC Hotline!,AKIBA PC Hotline!編集部

最終更新:8/11(金) 21:22
Impress Watch