ここから本文です

サニブラウン、ロンドン五輪銀ブレークに競り勝ち決勝進出!飯塚は敗退 200M準決勝/世界陸上

8/10(木) 5:19配信

サンケイスポーツ

 陸上・世界選手権第6日(9日、ロンドン)男子200メートル準決勝で、サニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=は20秒43で2組2着となり、日本勢7大会ぶり2度目の決勝進出を決めた。同組でロンドン五輪銀メダルのヨハン・ブレーク(27)=ジャマイカ=は20秒52で3着だった。リオデジャネイロ五輪代表の飯塚翔太(26)=ミズノ=は20秒62で1組5着で敗退した。

 各組上位2人と3着以下のタイム上位2人が決勝に進む。過去に日本勢が決勝に進んだ例は2003年大会で銅メダルに輝いた末続慎吾の1度だけだった。