ここから本文です

電話の最中に眠った九さんを…柏木由紀子のエピソードに坂上&ホラン驚愕

8/10(木) 16:14配信

サンケイスポーツ

 1985年の日航機墜落事故で亡くなった歌手・坂本九さん(享年43)の妻で女優の柏木由紀子(67)が10日、フジテレビ系の情報番組「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。12日に三十三回忌を迎える九さんとの思い出を語った。

 2人は交際していた当時、毎晩その日あったことを電話で長い時間話し合っていたという。ある日、電話の最中に、多忙を極める九さんのいびきが聞こえてきた。柏木は「そのまま切っちゃえばよかったんだけど、どうしようかなと思いながら、でも起きて『もしもし』って言ったときに切れていたらあれかなと思って、ずっと朝まで」切らずに待っていたという。

 このエピソードを聞いたMCの坂上忍(50)が「待っていたんですか?」と驚きの声を挙げると、柏木は「案の定『もしもし』と慌てたような感じで聞こえてきて、朝方。びっくりしていました」と回顧。坂上は「ホランだったら絶対切ってるだろ?」とホラン千秋(28)に振ると、ホランも「えー、わたし切ってるねー! 朝まではできない」と感心していた。