ここから本文です

草間彌生さんの美術館、10月オープンへ

8/10(木) 21:26配信

産経新聞

 世界的な前衛芸術家、草間彌生さん(88)の作品を公開展示する「草間彌生美術館」が10月1日、東京都新宿区弁天町に開館する。草間作品の保管などを行う一般財団法人、草間彌生記念芸術財団が10日、発表した。

 美術館は同財団が運営し、館長は、多摩美術大学学長で埼玉県立近代美術館館長でもある建畠晢氏(70)が務める。年に2回開く企画展や講演会などを通して「老若男女問わず、草間芸術や現代美術に慣れ親しんでほしい」という。

 美術館の建物は地上5階、地下1階。展示室のほか、体験型インスタレーションの空間や資料閲覧スペース、ショップなどを設ける予定。

 開館記念展は「創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき」と題し、最新絵画シリーズ「わが永遠の魂」を中心に展示する(平成30年2月25日まで)。

 開館は木~日曜と祝日。1日4回入れ替えを行う定員制で、チケットの事前購入(8月28日開設予定の同美術館ウェブサイトでオンライン販売のみ)が必要。

最終更新:8/10(木) 21:26
産経新聞