ここから本文です

「山の日」に考えるべきは空の安全性~過去の事故を振り返る

2017/8/10(木) 11:40配信

投信1

昨年から始まった祝日「山の日」が8月11日になった経緯

8月11日は「山の日」です。これは昨年から導入された祝日です。今年はこの「山の日」が金曜日に当たるため、11日~13日は3連休となります。

ただ、8月のお盆休み時期は、学校が夏休みであることはもちろん、多くの企業は夏季休暇を導入しているため、3連休で嬉しいと感じているのは金融機関の職員と官公庁の公務員くらいかもしれません。多くの人にとっては、あまり関心が高い祝日とは言えないのが現状ではないでしょうか。

ところで、この「山の日」は当初、8月12日に制定されるはずでした。しかし、1985年8月12日に日航機墜落事故が発生したことなどから、8月11日に変更された経緯があります(参考:『新たな祝日「山の日」は、なぜ8月12日ではなく11日になったのか?』)。

1985年8月12日に発生した日航機墜落事故とは?

その日航機墜落事故ですが、発生から今年で32年が経過します。恐らく、事故発生当時に小学校低学年だった方々を含めると、現在の40歳以下の方々は、大惨事の記憶がないものと推測されます。

32年前に起きたその日航機墜落事故とは、どのような事故だったのでしょうか? 

日航機墜落事故は、1985年8月12日、JAL123便(定刻18時00分羽田発の大阪伊丹空港行き)が、離陸後約20分後に機体の操縦能力を失い、迷走を経て18時56分(推定)に群馬県多野郡上野村の山中に墜落した大事故です。乗員乗客を合わせた死者520名、生存者4名。この大事故で生存者が4人もいたのは奇跡的なことだと言えます。

死者520名の未曾有の航空機事故、墜落事故としては世界最大

この墜落事故がどれだけの大惨事だったかは、その死者数で分かります。過去、全世界で起きた航空機の事故(墜落、衝突、火災、乱気流など)を死者数の多さで見てみます。なお、戦争による交戦時の撃墜は含まれません。

 ・第1位:583人(1977年、テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故)スペイン
 ・第2位:520人(1985年、日航機123便墜落事故)日本
 ・第3位:349人(1996年、ニューデリー空中衝突事故)インド
 ・第4位:346人(1974年、トルコ航空DC-10パリ墜落事故)フランス
 ・第5位:329人(1985年、インド航空128便爆破事件)大西洋上
決して死者数の多い少ないだけで事故の惨状度合を測るものではありませんが、日航機墜落事故がいかに甚大な事故であったが分かります。

なお、第1位のテネリフェ空港衝突事故は、空港の滑走路における2つの航空機による走行時の衝突事故だったため、日航機事故は“墜落事故”としては世界最大の惨事だったと判断されます。

1/2ページ

最終更新:2017/8/10(木) 12:00
投信1