ここから本文です

寺の掃除日、煙に消防車出動

8/10(木) 15:30配信

ミニ事件簿

 先日、大分市消防局に、通行人から「近くの寺で煙が出ている」と通報があった。消防車など9台が急行。現場で確認すると、建物などが燃えている形跡はなく、50代の住職男性が敷地内でたき火をしていた。話を聞くと、その日は寺の掃除日で、落ち葉や草などを集め、燃やしていた。水を入れたバケツを近くに置き、事前に消防へ届け出もしていた。通行人が火事と勘違いしたらしい。男性は驚きながらも「すぐに駆け付ける消防は頼もしい」と感心。引き揚げる隊員らを見送った。

大分合同新聞社

最終更新:8/10(木) 15:30
ミニ事件簿