ここから本文です

獅子振り8団体競演 震災犠牲者追悼、早期復興を祈願 女川

8/10(木) 16:11配信

石巻かほく メディア猫の目

 女川町の獅子振り団体が競演する「女川町獅子振り披露会」(町獅子振り復興協議会、町教委主催)が6日、JR女川駅前広場で開かれた。

 白山神社女川実業団や寺間伝承行事保存会、尾浦青年団、竹浦実業団など計8団体が参加。太鼓を並べて陣取り、次々に威勢のいい太鼓や笛のはやしに合わせて躍動感たっぷりに獅子振りを披露した。

 勇壮な獅子が登場するたびに、広場を取り囲むように集まった町民や観光客から大きな拍手が湧いた。

 フィナーレは全団体が一斉に舞い、縦横無尽に動き回った。

 獅子を操る獅子はやしを務め、盛り上げた鷲神熊野神社氏子総代会の須田信一郎さん(73)は「大勢の人に見てもらってよかった。気持ちよく動けて暑さも吹き飛んだ」と満足そうだった。

 披露会は、東日本大震災で獅子振りの道具を失い国内外からの支援で復活を果たしたことへの感謝や、震災犠牲者の追悼などを目的に2013年から開催されている。