ここから本文です

ネイマール、次なるベッカム夫妻を目指すも最愛の女性にプロポーズを断られる

8/10(木) 21:10配信

ELLEgirl

バルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍したブラジル代表のサッカー選手、ネイマール。パリ・サンジェルマンと結んだ契約の年俸は、なんと3000万ユーロ(約39億円)。バルセロナ時代のギャラの倍、なんと日給だと約1070万円、時給だと44万5000円になる計算だそう!  順風満帆と思いきや、プライベートでは悲しい出来事が……。

【写真】歳を重ねるほどにかっこいい!デヴィッド・ベッカムの進化アルバム50

5年前から交際していたブラジル人女優、ブルーナ・マルケジーニとの破局が明らかになった。6月には南アフリカに一緒にバカンスに出かけ、ラブラブぶりを披露していたのに。でもネイマールがプロポーズしたところ、ブルーナの答えは「ノー」! 関係者によると、ブルーナは「まだ結婚は早い。女優のキャリアに集中したい」と思っているそう。

また、ネイマールが家族を大切にしすぎることもブルーナには不満だった、というのがネイマールの友人の分析。「ネイマールは南アフリカでの”ロマンチックな”バカンスにも、自分の家族をたくさん連れて行っていた」との証言を裏付けるかの如く、バカンス直後に破局してしまったそう。

ネイマールの家族好きは有名。二の腕の内側にはママの顔、反対側には妹の顔、肘には父の目、胸には父親に宛てたポエムをタトゥーで入れている。また手首には姉妹の名前も!

インスタグラムにもママとの2ショットをたびたび投稿。とはいえ、友達によると「彼は心の底からブルーナを愛していた。別れた今でも愛している。ブルーナは彼が愛した唯一の女性」だそう。一方、ブルーナは「早くも破局を乗り越えている」という証言も。

ブルーナと結婚して「次のデヴィッド&ヴィクトリア・ベッカムになりたい」と思っていたというネイマール。お金、ルックス、才能、人気とすべてを持っているのに愛だけは手に入らなかったなんて……。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:8/10(木) 21:10
ELLEgirl