ここから本文です

「次世代小型ロケット」でキャノン電子やIHIエアロスペース、清水建設ら開発協力

8/10(木) 8:01配信

sorae.jp

キャノン電子とIHIエアロスペース、清水建設と日本政策投資銀行は2017年8月9日、小型ロケットによる商業宇宙輸送サービスを目指す「新世代小型ロケット開発企画株式会社」を発足させたと発表しました。
 
今回の新会社の発足は世界で盛り上がりつつある小型ロケットの打ち上げビジネスや、2016年11月に民間宇宙開発ビジネスを促進する「宇宙活動法案」「衛星リモートセンシング法案」が成立したことをうけ、早期の小型ロケット打ち上げの事業化を目指すとしています。企画会社ではキャノンが民生機器の量産やコスト削減、IHIエアロスペースがロケット開発やシステムインテグレーション、清水建設は各種インフラなどの検知やノウハウを活かし、小型衛星を専用で打ち上げる小型ロケットの開発を進めます。
 
民間企業による小型ロケットの打ち上げでは先日にインターステラテクノロジズが小型ロケット「MOMO」の打ち上げを実施し、海外でもロケットラボによる「エレクトロン」ロケットやベクターによる「Vector-R」ロケットなどの開発が進められています。さらに2017年1月にはJAXAが超小型ロケット「SS-520 4号機」を打ち上げ、小型ロケットの可能性を示しました。
 
今後、企画会社は2017年末以降に事業会社へと移行する予定です。今後、日本での民間企業による宇宙開発がさらに促進されることを期待したいですね。

最終更新:8/10(木) 8:01
sorae.jp