ここから本文です

河野新外相、「河野談話」どう説明?

8/10(木) 14:00配信

ニュースソクラ

安倍首相の歴史認識との間で板挟みも

 内閣改造で、「目玉人事」の1つとなったのは、河野太郎・前行政改革相(54)の外務大臣抜擢だ。

 父の河野洋平氏は外相を務め、自民党の中でも代表的なリベラルな政治家として知られる。官房長官時代の1993年8月4日に発表した「河野談話」は、日本政府が日本軍慰安婦の強制動員事実を最初に認めた談話で、今でも韓国では評価が高い。

 しかし、太郎氏本人は談話とは距離を置いている。韓国で、2015年末の日韓慰安婦合意の再検討が進む中、河野太郎新外相は「河野談話」と安倍政権の歴史認識の板挟みになりそうだ。

 河野談話は、「旧日本軍の従軍慰安婦」について、「甘言、強圧などで本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、官憲等が直接これに加担したこともあった」「朝鮮半島出身の慰安婦が多かったが、当時朝鮮半島は日本の統治下にあり、募集、移送、管理等も甘言、強圧などで本人たちの意思に反して行われた」などと認めた。

 しかし、保守メディアからは「十分な根拠なく、政府の関与を認めた」などとして、長い間批判にさらされている。さらに、2014年には安倍政権下で、有識者による河野談話の再検討が行われ、この談話が「韓国側との意見調整の上、発表された」との結果が発表されている。

 結局、河野談話の見直しは行わず安倍政権としても踏襲はしているが、この談話について、安倍政権は否定的で、言及することもない。

 韓国のメディアは、2日夜、河野新外相内定について速報し、河野洋平氏が、故金大中大統領と親しくしていた「代表的な親韓政治家」(聯合ニュース)と紹介した。河野太郎氏が30代の時、父親に自分の肝臓の一部を移植したことがある「孝行息子」と紹介する一方で、「2015年、行政改革担当相として入閣直後には河野談話に対する意見を聞かれ、個人的な見解を申し上げるのは適当でないとごまかした」と皮肉っぽく伝えている。

 河野新外相は、繰り返し河野談話への考え方を求められているようだ。自分のホームページにもわざわざページを割き、談話についての考え方をQAで記述している。

 それによれば、

 「Q 加藤談話及び河野談話については、談話を出した本人が意見を変えれば変更ができるのでしょうか。
A 歴代官房長官は、この問題に限らず、様々な問題について談話を発表してきていますが、いずれの談話も内閣の意思を表しているものであって、個人の意見を述べたものではありません。ですから官房長官談話の変更には、内閣の意思の変更が必要になります。談話を出した本人のその後の意見というものは、談話には関係ありません。」

 とある。つまり、河野談話は、自分の父である河野洋平の考え方とは直結しないと言いたいようだ。

 さらに河野太郎氏は、親しい人たちに、こんな話もしている。あの談話が発表された8月4日は、ちょうど自分(太郎氏)が、父親に自分の結婚を報告した日だった。

 「そのため、息子の結婚に気が取られ、談話の内容をよく読んでいなかった」(太郎氏)という。

 日本では、その河野談話が徹底的に再検証された。

 今度は韓国の文在寅政権が、同じような行動に出ている。慰安婦問題を「不可逆的に解決する」とし、日本政府が10億円を拠出する2015年暮れに日韓が交わした合意を再検討するタスクフォース(TF、特別チーム)を発足させた。前の朴槿恵政権の合意の課程に問題がなかったかを調査するというのだ。

 TFは外相の直属機関で、7月末に初会議を開いている。会議には委員長である呉泰奎・元ハンギョレ新聞論説室長をはじめ韓日関係、人権問題などの民間専門家と外務省の計9人が出席した。年内に最終的な検証結果を公開するという。

 呉氏は、初会合の後、安倍政権が、河野談話を再検証する動きを見せたことを重視する考えを示した。2015年の日韓合意は、河野談話の否定に動いた安倍首相の歴史修正主義が反映した内容だと否定的にみているようだ。

 河野新外相は、フィリピンの首都マニラで7日に開かれる ASEAN、東南アジア諸国連合の地域フォーラム=ARFで、韓国の康京和外相と外相会談を行う見通しだ。人権問題の専門家である康外相とは初顔合わせとなるが、今後、韓国側から「河野談話」への見解を聞かれる場面が増えそうだ。

■五味洋治 ジャーナリスト
1958年7月26日生まれ。長野県茅野市出身。実家は、標高700メートルの場所にある。現在は埼玉県さいたま市在住。早大卒業後、新聞社から韓国と中国に派遣され、万年情報不足の北朝鮮情勢の取材にのめりこんだ。2012年には、北朝鮮の故金正日総書記の長男正男氏とのインタビューやメールをまとめて本にした。最近は、中国、台湾、香港と関心を広げ、現地にたびたび足を運んでいる。

最終更新:8/10(木) 14:00
ニュースソクラ