ここから本文です

伝説ジェラード 至宝コウチーニョ移籍騒動に一言「ハッピーエンドになるように願う」

8/10(木) 8:02配信

SPORT.es

リバプールの伝説である元選手スティーブン・ジェラードが、コウチーニョの現状について非常に困難な状況とコメントした。
「リバプールは金が欲しいわけではない、すべては選手本人が離脱するという目的を果たすために闘えるかどうかにかかっている。リバプールは簡単には離してくれないだろう。」

またジェラードはリバプールのファンに対し、クラブ側はコウチーニョ離脱を回避するためにできるだけのことをするので安心して良い、という旨のメッセージを送った。
「ファンにとって安心できるのは、監督がコウチーニョの存続の為に必死になっているということだ。プレシーズンは終わりに近づいている。今コウチーニョに離脱されればクラブにとってマイナスになる。そのことをクラブ側も承知しており、離脱させないように働きかけている。」

しかし最後にジェラードは次のように語った。
「このような状況が、マスチェラーノやルイス・スアレスの際にも発生した。クラブにとって非常にコントロールしにくいシチュエーションだ。皆にとってハッピーエンドになるように願う。」

SPORT.es

最終更新:8/10(木) 8:02
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報