ここから本文です

お盆休みの天気 関東から北日本太平洋側で晴れ少なく 気温低い日も

8/10(木) 15:18配信

ウェザーマップ

 気象庁は10日午後、北・東日本太平洋側の日照不足と低温に関する気象情報を発表した。来週にかけて天気がぐずつきやすく、気温がかなり低くなるおそれもあるため、農作物の管理に十分注意するよう呼びかけている。

北日本太平洋側(北海道から福島県にかけての地域)は8月はじめから、東日本太平洋側(関東甲信と東海地方)では先月下旬から曇りや雨の日が多く、日照時間は平年の半分以下となっている所がある。

 これらの地域では冷たく湿った空気の影響で雲が広がりやすく、今後10日程度は晴れの日が少なく、また、北日本では気温の低い日も多くなる見通し。11日(金・祝)からのお盆休みは北日本や東日本でぐずついた空模様となりそうだ。

■各地の日照時間
(8月1日から9日まで)
 網走 20.7時間(平年比40%)
 仙台 11.1時間(平年比25%)

(7月23日から8月9日まで)
東京 46.8時間(平年比46%)
宇都宮 20.0時間(平年比25%)

最終更新:8/10(木) 15:53
ウェザーマップ