ここから本文です

シニアの社会参加を後押しする「生涯現役応援センター」が8月29日にオープン /千葉市

8/10(木) 17:52配信

チバテレ

チバテレ(千葉テレビ放送)

 積極的に社会参加をしたいシニア世代を後押ししようと、就労の情報などを提供する総合窓口が千葉市の稲毛区役所内にオープンします。8月29日に千葉市の稲毛区役所内に新たにオープンするのは「生涯現役応援センター」です。

 千葉市によりますと、このセンターは概ね60歳以上のシニア世代を対象に、ボランティアや就労情報の提供やセミナーの開催を行うということです。市民からはこれまでに「高齢者が社会参加したくても方法が分からない」などの意見が寄せられていたため、市はこうした状況を解消しようと高齢者が社会参加しやすい環境を整備する必要があったと説明しています。千葉市の熊谷俊人市長は高齢者のニーズにマッチしたセンターにしたいと、次のように意気込みました。

熊谷市長
「ご自身の環境に合った活躍の場所に出会うことでその人たちも輝き、そうしたエネルギーを求める地域の人たちにとっても非常に大きな力となる。できるだけマッチングの精度と量を向上できるように取り組んでいきたい。

チバテレ(千葉テレビ放送)

最終更新:8/10(木) 17:52
チバテレ