ここから本文です

サギソウ優雅 樫原湿原彩る 唐津市七山で見ごろ 佐賀

8/10(木) 13:20配信

佐賀新聞

 「九州の尾瀬」とも呼ばれる唐津市七山の樫原湿原でサギソウが花開き、夏の湿地を彩っている。まるでシラサギが翼を広げて飛んでいるような姿に、小さい花ながら優雅さを感じる。

 湿地でのみ生息できるサギソウはラン科の多年草。近年の開発や盗掘などの影響で数が激減し、国の準絶滅危惧種に指定されている。樫原湿原では3センチほどの真っ白い花が10輪以上群生している場所もあり、15日にかけて見ごろを迎える。

 今年は空梅雨で湿原の水が一部枯れ、湿原植物への影響が心配されている。サギソウは平年2千~3千輪開花する。樫原湿原を守る会の麻生陽さんは「現在500輪ほど咲いている。湿原にはマムシもいるので、注意して観察して」と呼び掛ける。

最終更新:8/10(木) 13:20
佐賀新聞