ここから本文です

幼稚園児と保育園児、習い事にかける費用に差はあるの?

8/10(木) 18:40配信

ファイナンシャルフィールド

一般的に両親が仕事を持ち、長時間保育が必要な子どもが0歳から行くことができるのが保育園です。

そう考えると日中自由になる時間が少ない保育園児は習い事をすることが難しく、幼稚園児と比較すると毎月の習い事にかける費用は少ないというイメージですが、実際はどうなのでしょう?

幼稚園児も保育園児も大きな差はない?

幼稚園児と保育園児の習い事の費用について、具体的に比較できるデータが特に見当たらないため、個人の感触でお伝えいたします。

保育園児は一般的に両親が共働きのため、収入が多い場合もあり、例えば土日などの休日にまとめて習い事をさせる、というケースがあります。

幼稚園児の場合は平日早めに帰宅するので、自由になる時間が多いこともあり、「みんなであの習い事に通いたいね」とママ友同士で盛り上がったり、「○○ちゃんが通っているから自分も通いたい!」など子どもから言われたりして、多数の習い事に通わせるケースもあるでしょう。

つまり、一概に幼稚園児だから保育園児だからといって、習い事にかける費用が大きく違うということは無いように思います。

幼稚園、保育園それぞれ特別なプログラムがあることも!?

幼稚園でも保育園でも、独自のプログラムで個性的なサービスを“追加料金不要”で行っていることがあります。

例えば、体操教室や英語教室、絵画教室、料理教室など様々で、園に通っている時間内や、延長保育として行われています。幼稚園や保育園に入る前に、どの園にどのような特色があるかを園のホームページを見たり、先輩ママに聞いたりして確認しておくといいでしょう。

子どもに習わせたいと思っている習い事が、幼稚園や保育園で行っていたら一石二鳥ですよね。

最近では特別なプログラムに魅力を感じて園を選ぶ、といったことも多いようです。

習い事に関する思いは親によって様々です。あまり他の家庭と比較をせず、自分たちのペースで子どもの特徴をよく考えて習わせましょう。

子どもがイヤがったらすぐにやめたくなることもあるかもしれませんが、「ひとつのことを継続して行う」という体験が、子どもの自信に繋がることも多々あります。

また、苦手なものがある場合にはそれを克服するために習い事をさせるのもいいかもしれません。いずれにしても無理はせず、それぞれのペースで習い事をさせてみてくださいね。


監修:西山 美紀(にしやま みき)
ファイナンシャルプランナー、ライター、コラムニスト

ファイナンシャルフィールド編集部