ここから本文です

[移籍]長友vsブラジルの新星 インテルに新たな左サイドバック到来「チームに全力を注ぐ」

8/10(木) 13:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

「夢が叶って嬉しい」

イタリアの名門インテルが9日、フランスのニースからブラジル人DFダルベルトを獲得することで合意に達したと発表した。2022年6月までの5年契約を締結し、移籍金は約25億円と報じられている。

幾つもの峠を乗り越えてきた長友佑都にとって、またしても勝負の年となりそうだ。日本人DFと同じく後方左サイドを主戦場とするダルベルトは現在23歳の有望株で、昨季はリーグ戦33試合に出場。2016年夏に加入したばかりのニースにおいて、初年度から主力としてピッチ上を駆けめぐっていた。今回のステップアップに際し、ブラジル人DFはクラブ公式サイトで次のように喜びを露わにしている。

「最高の気分だ。これは決して僕だけじゃなく、僕の家族にとっても素晴らしい1日になった。幼い頃から抱き続けてきた夢をようやく現実のものにすることができたんだからね。夢が叶って嬉しいし、今後はトロフィーを掲げるためにインテルというチームに全力を注ぐよ」

もちろん彼の健闘には大きく期待したいが、日本人としては長友の立場が逆転されてしまうのではないかという懸念が生まれる。今夏より新たに就任したルチアーノ・スパレッティ監督の下、果たしてどちらの左サイドバックがより重宝されるのだろうか。新シーズン、長友はその実力を改めて証明する必要がある。

http://www.theworldmagazine.jp