ここから本文です

ハレプら勝利もシード勢で明暗、大坂は女王との3回戦へ<女子テニス>

8/10(木) 16:42配信

tennis365.net

ロジャーズ・カップ

女子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、WTAプレミア5)は9日、シングルス2回戦が行われ、第2シードのS・ハレプ(ルーマニア)が世界ランク33位のM・リバリコワ(スロバキア)を6-3, 6-4のストレートで下し、ベスト16進出を果たした。

【錦織 勝利目前から大逆転負け】

勝利したハレプは3回戦でB・ストリツォワ(チェコ共和国)と対戦する。ストリツォワは2回戦でD・ガブリロワ(オーストラリア)を逆転で下しての勝ち上がり。

同日の2回戦では、世界ランク50位の大坂なおみが第15シードのA・セバストバ(ラトビア)を破り、第1シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)との3回戦へ駒を進めた。

大坂と女王プリスコバの3回戦は、日本時間11日の深夜0時(現地10日の11時)に開始予定。

シード勢では第3シードのA・ケルバー(ドイツ)、第4シードのG・ムグルサ(スペイン)、第9シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)、第10シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)が3回戦進出。

第7シードのJ・コンタ(英国)、第8シードのS・クズネツォワ(ロシア)、第11シードのD・チブルコワ(スロバキア)、第14シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)、第16シードのE・ヴェスニナ(ロシア)は2回戦で敗退した。

tennis365.net

最終更新:8/10(木) 16:42
tennis365.net