ここから本文です

熱中症で死亡 沖縄県内40代男性 県が注意呼び掛け

8/10(木) 13:35配信

沖縄タイムス

 沖縄県地域保健課は10日、6月から週ごとにまとめている熱中症発生状況の集計で、第10週(7月30日~8月5日)に、県内の40代男性が熱中症で死亡したと発表した。男性は自宅の外階段で、直射日光に2~4時間さらされていたとみられる。

【暑かった…】7月の沖縄 那覇と名護は平均気温が過去最高タイ記録

 熱中症による死亡は2007年度以降で7例目、13年以来。

 第10週は23定点医療機関から119件の発生報告があり、07年度以降の同週の報告数で最多を記録。第10週までの累計数は642件で、前年度同時期より95件減となっている。ただ、3段階のうち、最も重症度が高いケースの累計は集計のある13年度以降、最多の35件となっている。

 発生場所(累計)は、屋外の建設・工事現場が195件で最も多く、次いで、屋外・その他81件、運動場78件、農地57件、自宅54件と続く。

 同課では、こまめな水分補給など屋外での作業や運動の際の体調管理に十分注意するよう呼び掛けている。

最終更新:8/10(木) 23:30
沖縄タイムス