ここから本文です

“チチャリート”、古巣相手に得点を決めても「喜ぶかは分からない」

8/10(木) 16:30配信

SOCCER KING

 今夏レヴァークーゼンからウェストハムに移籍したメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスが、古巣から点を取っても喜ぶかは分からないとコメントしたようだ。10日付のイギリスメディア『フォーフォートゥー』が伝えている。

 “チチャリート”の愛称で親しまれるエルナンデスは、1988年生まれの29歳。2010-11シーズンからマンチェスター・Uに加入し、在籍した4年間で59ゴールを記録した。しかし、2014年夏にレアル・マドリードにレンタル移籍。翌年にレヴァークーゼンへ移籍を果たし、プレミアリーグの地から離れていた。

 久しぶりのプレミアリーグとなる“チチャリート”だが、古巣のマンチェスター・Uは特別なクラブのようだ。同選手は同クラブについて「僕はオールド・トラッフォードで点を決めても喜ぶかどうかは分からない。マンチェスター・Uは古巣で、昔のファンがいて、昔の本拠地だ。セレブレーションは決めていないよ」と同クラブの本拠地で点を決めても喜ぶつもりはない考えであることを明かした。

 続けて「もし点を決めたらウェストハムでの初ゴールとなる。僕はチームのために頑張るだけだよ。僕はウェストハムの選手だ。マンチェスター・Uでプレーしていた時よりもいいプレーができるようにしたい」とウェストハムのためにプレーする意気込みを語った。

 最後に、今週末に開幕を迎えるプレミアリーグ。ウェストハムは、13日にアウェイでマンチェスター・Uと対戦する。いきなり古巣との対戦となったことについては「僕はすごく嬉しいよ。(プレミアリーグに)戻って来て、始まりがオールド・トラッフォードなんて一番いいことだと思っている」とコメントした。

SOCCER KING

最終更新:8/10(木) 16:30
SOCCER KING