ここから本文です

ディバラがユーベの新10番に!プラティニ、バッジョ、デルピエロも着用した“エースナンバー”を背負う

8/10(木) 17:12配信

ゲキサカ

 ユベントスは今季の背番号10をアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが着用することとした。9日、クラブ公式サイトが発表している。

 ディバラは2015年7月にパレルモから完全移籍でユベントスに加入。初年度の2015-16シーズンにはリーグ戦19ゴール9アシストを記録した。昨季までは21番を背負い、トップ下で攻守に躍動。UEFAチャンピオンズリーグの準々決勝第1戦(3-0)ではバルセロナ相手に2ゴールを決めるなど、存在感を際立たせた。

 4月時点で2022年6月までの契約延長を交わしたものの、ビッグクラブへの移籍の噂は絶えず流れていた。3日にFWネイマールがパリSGへ移籍したことでその噂はヒートアップ。ネイマールの後釜候補として、バルセロナ移籍が取り沙汰された。しかし今季ユベントスの10番を背負うことになり、この移籍騒動もほぼ消滅となった。

 ユベントスの10番は“エースナンバー”として受け継がれてきた伝統的な背番号だ。かつてはミシェル・プラティニ氏やロベルト・バッジョ氏、アレッサンドロ・デルピエロ氏が着用し、近年ではFWカルロス・テベス、昨夏まではMFポール・ポグバが背負っていた。

 今夏フィオレンティーナから加入したイタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキが10番を背負うと噂されていたが、「まず自分に相応しいことを証明しなければいけない」と33番になっていた。次代のエースとしてディバラを選んだ新生ユベントスは、14日の午前3時45分(日本時間)にイタリアスーパー杯でラツィオと対戦する。

最終更新:8/10(木) 22:10
ゲキサカ