ここから本文です

手堅い補強を続ける酒井宏所属のマルセイユ、元フランスU-21代表の左SBを獲得

8/10(木) 20:30配信

ゲキサカ

 日本代表DF酒井宏樹所属のマルセイユ(フランス)はアストン・ビラ(イングランド)に所属する元U-21フランス代表DFジョルダン・アマビィ(23)の期限付き移籍での獲得合意に至った。英『スカイスポーツ』が9日に伝えている。

 マルセイユは今季手堅い補強を進めており、新加入FWバレール・ジェルマンはヨーロッパリーグ予選3回戦第1戦(4-2)でハットトリックを記録。MFルイス・グスタボやDFアディル・ラミ、GKステーブ・マンダンダといった実力者たちもチームにフィットし、リーグ開幕戦でもそれぞれ先発出場を果たした。

 左サイドバックはDFパトリス・エブラなどがいるものの、サイドの運動量が求められるマルセイユにとっては不安要素になり得る。今回のアマビィ加入によって、改めて今季の準備が整った形になる。

 一方、右サイドバックで昨季リーグ戦35試合に出場した酒井はマルセイユの2年目を迎える。7月のプレシーズンマッチから先発起用が続くと、リーグ開幕戦となる第1節ディジョン戦(3-0)でも先発を勝ち取った。リュディ・ガルシア監督も「右サイドバックの補強は急務ではない」と語っており、今季の活躍に期待が懸かる。

最終更新:8/10(木) 20:33
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合