ここから本文です

浦和堀新監督2戦目初白星、連続失点14戦で止めた

8/10(木) 7:45配信

日刊スポーツ

<明治安田生命J1:甲府0-1浦和>◇第21節◇9日◇中銀スタ

 浦和レッズがヴァンフォーレ甲府を下し、堀監督は就任2戦目で初白星を手にした。前半19分、MF柏木が狭いエリアでFWラファエル・シルバとパス交換からゴール前に進入。2人のマークをいなすような浮き球シュートはGKの頭上を越え、右サイドネットに決まった。「相手(DF)が止まったのでコースが見えた。落ち着いてプレーできた」と振り返った。

【写真】海外移籍が決まり、試合後のあいさつで感極まる浦和MF関根

 後半は攻め込まれる場面もあったが無失点で、リーグ戦の連続失点を14試合で止めた。堀監督になってから3バックの左右に入るDF槙野と森脇の立ち位置をより内側に修正し、相手のパスコースを遮断。外からのクロスには体を張って競り勝ったことが功を奏した。槙野は「不細工な勝ち方だけど、ゼロに抑えることがテーマだった」と及第点をつけた。リーグ首位の背中はまだ遠いが、少しずつ息を吹き返している。

最終更新:8/10(木) 8:44
日刊スポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合