ここから本文です

藤井四段が高見五段と対戦 通算35勝目を目指す

8/10(木) 10:42配信

日刊スポーツ

 将棋の史上最年少プロ棋士、藤井聡太四段(15)が通算35勝目を目指す順位戦C級2組、高見泰地五段(24)戦が10日、東京・千駄ケ谷の東京将棋会館で午前10時から始まった。先後は事前に決まっており、藤井は後手番。高見の初手先手7六歩に対し、藤井は後手8四歩と応じた。

【一覧】藤井四段10日昇級へ最大のヤマ場 C2対戦相手

 前回4日の王将戦1次予選決勝の菅井竜也七段戦も含め、ここまですべて後手番で3敗を喫している。主導権を握って自分の得意な戦型に持ち込める先手番の指し方に、どう対応するかが注目される。

 順位戦では現在、瀬川晶司五段、中田功七段を相手に接戦の末、連勝している。持ち時間は各6時間。決着は同日夜の見込み。

最終更新:8/10(木) 11:03
日刊スポーツ