ここから本文です

ムッチュ☆と一緒に、楽しみまくった夏祭り。 petit milady“プチミレ 浴衣の夕べ~ホタルかな?それとも光るムッチュ☆かな?”レポート

8/11(金) 4:10配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

7月2日、声優・悠木 碧と竹達彩奈によるユニット・petit miladyによる“プチミレ 浴衣の夕べ~ホタルかな?それとも光るムッチュ☆かな?”が舞浜アンフィシアターにて開催。昼夜2回開催のイベントの夜の部にあたるこの回では、追加された夜のみのコーナーでムッチュ☆(=petit miladyファンの総称)とより濃いコミュニケーションを交わしつつ、会場一体となってイベントを楽しんでいった。

【詳細】他の写真はこちら

昼同様、ステージ上にはかき氷・焼きそば・わたあめの屋台が立ち、開演の時を待つ。そして「今日はホタルみたいにキラキラ応援してくれますかー!?(竹達)」「プチミレの浴衣姿、見たいですかー!?(悠木)」などと夜の部仕様の影ナレに続いて、「Fantastique Phantom」のイントロとともにセンターステージにリフトUPでふたりが登場。それぞれ昼とは違う浴衣でのお目見えしたふたりを前に、ピンクとブルーの“ホタル”が客席を埋め尽くす。また歌声のみならず、フリ・表情での掛け合いでも楽しませてくれたふたりへのコールの大きさも、昼以上のもののように感じられた。
続く「空腹からやりなおせ!」では、今度は歌声での掛け合いを披露。特にサビのハモリ部分は、非常にていねいに音を重ねていた印象を与えてくれた。また、ムッチュ☆を煽る悠木と客席に手を振る竹達というように、2サビ明けの間奏ではアプローチの違いからそれぞれの個性も垣間見ることができた。

こうして始まった夜の部だが、悠木が「今日は、すごく近いよ!」とあらかじめ宣言。場の空気を盛り上げたところで最初のコーナー“縁日で遊ぼう”に突入する。
屋台で使えるコインをゲットすべく、まずは昼の部同様“アンフィで宝探し”からスタート。会場内の宝箱をヒントに沿って次々と見つけていくが、2回目ということで進行の仕方にも慣れたのか、イベントを観覧していたZERO-A社長やスタッフ、そして進行の都合上幾度となく付近を通った関係者席もイジリつつコインを見事ゲット。向こう正面での獲得となったため、最後は上手側・下手側にそれぞれ分かれて、ムッチュ☆と交流しながらステージへと戻っていった。

続いては夜の部オンリーの開催となった“ムッチュ☆すくい”。このゲームは、あらかじめ指定された“○○なムッチュ☆”というお題に添うムッチュ☆を、見た目だけで探し当てていくというもの。捕獲用(という体)で渡された網を不意にかぶった竹達が悠木に軽く注意されながらも、“運動部ムッチュ☆”や“妹ムッチュ☆”を次々にすくって(=当てて)いく。また、“今、財布に5万円以上入っている人”では某社の社長を指名し本気で狙いに行くも、まさかの「財布を持ってきていない」で×。関係者や探し当てた50代ムッチュ☆に聞くもそれぞれ不正解となってしまった。しかし不正解はこの1問のみ。計4問正解で、コインの枚数は8枚に。
最後のゲームは、昼同様に“風船運びだからエッチじゃないもん”。夜はふたりとも最初から遊び始め、1発目から逃げていく竹達に、悠木も昼の部よりも速く回転してシュートの難易度を上げていた。結果どちらも成功し、計10枚のコインを獲得。屋台ではコインと焼きそばを引き換え、ムッチュ☆からのリクエストに応じて竹達が悠木に焼きそばを“あーん”するひと幕も。その悠木は、同じく焼きそばの屋台から持ち出したけん玉で遊び、竹達は今度は自ら焼きそばを食べていく。らしさを出しながら、こうしてフリーダムに時が過ぎていったのだった。
屋台で遊んだあとは、“声優業界の怖~い話”をふたりが披露。夜披露されたエピソードはすべて昼とは異なり、「移動でタクシーに乗ったら、気がついたら高速を一周されていて現場に1時間遅刻した(竹達)」などの、自分の身に置き換えたら身の毛もよだつような恐ろしい(?)体験が語られていく。ちなみにそのときの竹達は、「池尻大橋で降りたかったのに、気づいたら神田橋にいた」とか。

怖い話で少し気分的に涼しくなったところで、続いては“碧と彩奈と浴衣で夏祭りデート”。時間の関係か昼の部よりも項目数は少なめだったのだが、“もしもプチミレのふたりと『緋ノ糸輪廻ノGEMINI』で盆踊りを踊ったら?”はしっかり敢行。ステージ上には和太鼓が登場する。人数とキレを増したプチミレチームを従えながら、1サビ以降はふたりが通路に降りてアンフィシアターを盆踊り会場へと化していった。ちなみにこの模様ものちに動画としてUP予定とのことなので、期待して待とう。

こうして高まったイベントを締めくくるのは、ライブコーナー。まず最初に歌われた「ハコネハコイリムスメ」では、頭サビから「わっしょい!」のコールが場内に轟いていく。それを受けてテンションが上がったのか、大サビ直前の悠木のパフォーマンスには、ここまで以上にキュートさが上乗せされていた。また、続く「#彼氏いません」では、タオル曲にも関わらず和太鼓にタオルを置き忘れてしまった竹達に悠木がタオルを渡すというナイスフォロー。その竹達も、この曲の1サビ前のソロで愛らしいパフォーマンスと歌声をムッチュ☆に届けていく。客席にはタオルとペンライトとが回り、終盤に向けてさらにもう一段上の盛り上がりを見せる。そんな客席に向かって最後にふたりがタオルを投げ入れたところで、ライブコーナーは無事終了。「全力でしたね(悠木)」「めっちゃ汗かいた!(竹達)」とそれぞれ生の感想を語っていた。

最後に、ふたりからこの日のイベントの感想がひと言ずつ語られる。
「今日は皆さんと1日ブチ上がれて楽しかったです。まさかこんなに皆さんが打ち上がったり光ってくれるとは! 皆さんと一心同体になれたようでとても幸せな時間でした!」(悠木)」「ムッチュ☆の皆さんが優しくて、どんなことも全力で楽しんでくれるのが幸せです。しかも近づいたらキラキラした笑顔を向けてくれて、ありがとうの気持ちでいっぱいになりました。これからもみんなが喜んでくれること・一緒に楽しめることを考えて突っ走って行きます!(竹達)」との挨拶に続いて、ふたりは投げキッスとともに降壇。1日を締めくくっていった。

昼夜ともに、様々な形でのムッチュ☆とのコミュニケーションを通じて、一緒に1日を楽しんでいったpetit milady。これからアルバムのリリースも控えており、ますますムッチュ☆を喜ばせたり、一緒に楽しむ機会は増えていきそうだ。これからも、ワクワク満載のふたりのステージから、目が離せない!

Text by 須永兼次

プチミレ 浴衣の夕べ~ホタルかな?それとも光るムッチュ☆かな?
2017.07.02@舞浜アンフィシアター
【SET LIST】
M1.Fantastique Phantom
M2.空腹からやりなおせ!
M3.ハコネハコイリムスメ
M4.#彼氏いません

●リリース情報
petit milady 4thアルバム
「タイトル未定」
9月20日発売
【初回限定盤A(CD+Blu-ray+CD)】
品番:POCE-9419
価格:¥7,500+税

【初回限定盤B(CD+DVD)】
品番:POCE-9420
価格:¥4,800+税

【通常盤(CD)】
品番:POCE-1434
価格:¥3,000+税

※初回封入特典]4thライブ チケット最速先行予約応募券

“童話”をテーマに綴られる4枚目のオリジナルアルバム
「空腹からやりなおせ!」他全11曲収録予定

関連リンク
petit miladyオフィシャルサイト

Yahoo!ニュースからのお知らせ