ここから本文です

【インドネシアモーターショー2017】三菱 エクスパンダー、ライバルを超える居住性

8/11(金) 18:34配信

レスポンス

インドネシアで大人気の乗用車は、セダンでもなくSUVでもなく小型MPV。3列シートだが日本のミニバンとは違ってリヤドアはスライド式ではなくスイング式が定番だ。10日にインドネシア国際オートショーでワールドプレミアされた三菱の新型車『エクスパンダー』もこのジャンルに参入するニューカマーである。

[関連写真]

このエクスパンダーのセールスポイントのひとつがライバルを超える居住スペース。室内空間はライバルに相当するトヨタ『アバンザ』やダイハツ『セニア』、スズキ『エルティガ』、そしてホンダ『モビリオ』など、ライバルと目されるクルマに対して広い居住空間を用意している。果たして、そうやって広い空間を手に入れたのだろうか?

「実はライバルよりも車体サイズが大きいのです」というのは、車両開発を担当した三菱自動車プロジェクトマネージメント本部プロジェクト推進部の吉田龍正さん。たとえばこのセグメントのトップセラーであるトヨタ・アバンザの全長は4140mm、そして全幅は1660mmだ。対してエクスパンダーは全長4475mm×全幅1750mmでひとまわり大きいのだ。この「+α」れが居住スペースのゆとりに直結している。

「このクラスの3列目は“体育座り”のように足を大きく曲げて乗るのが常識です。しかし『もっとゆったり3列目に乗りたい』という市場の声に耳を傾けました」と吉田さんは言う。
「前後だけでなく幅もゆとりがあるので、居住性はライバルに勝っています」とゆったりと乗員が移動できることをアピールする。

また、快適性の“見えない部分”としては静粛性にもこだわっている。たとえばフロントガラスはライバルには採用のない、フィルムを挟んだ遮音ガラスで、サイドガラスも厚くするなど外部からの音の侵入を防ぎ、車内の会話がはずむように配慮されている。

また、ルーフには厚みが増したヘッドライニングとサイレンサーを採用し、「激しいスコールが車体を打つ音を効果的に消音します」というプレス向け資料の文言もいかにも東南アジアらしい。

《レスポンス 工藤貴宏》

最終更新:8/11(金) 18:34
レスポンス