ここから本文です

新津鉄道資料館入館者 商店街"途中下車"を 割引や特典

8/11(金) 10:02配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 新潟市秋葉区と鉄道を生かしたまちづくりに取り組む同区の商店街有志「にいつ鉄道商店街」は10月29日まで、新津鉄道資料館の入館券を見せると割引サービスなどが受けられる「切符のいいまち2017」を行っている。

 今年で3年目の取り組み。鉄道の切符と損得にこだわらずさっぱりとした気質を表す「きっぷがいい」を掛け合わせて名付けた。新津駅から約2キロ離れた鉄道資料館を訪れる鉄道ファンを商店街に呼び込む狙い。新津駅近くの商店街を中心に27店舗が参加した。

 鉄道資料館の入館者は参加店舗のサービス内容と地図を記載したリーフレットを受け取る。サービスは、入館当日と翌日に各店舗1回ずつ受けられる。人気メニューの価格を割り引く洋食店や、買い物をするとカーネーションがもらえる花店、オリジナル鉄道グッズを販売する写真店など、各店が独自色を競っている。

 今年は資料館に2階建て新幹線「E4系」と「115系」の実物車両がお目見えしたこともあり、関係者は「新車両と商店街のもてなしの両方を楽しんでほしい」としている。

 秋葉区産業振興課は「鉄道資料館から、鉄道を前面に出してPRする商店街へ足が向く流れを確かなものにしたい」としている。問い合わせは同課、0250(25)5689。