ここから本文です

松山英樹が3打差15位発進!ナイスカムバックに「よく戻せたなと」

8/11(金) 9:13配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<全米プロゴルフ選手権 初日◇10日◇クエール・ホローC(7,600ヤード・パー71)>

【関連写真】“短パン”スピースが松山英樹を称賛「今一番熱い選手」

今季最後の海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」が開幕。午前組でスタートした松山英樹は、6バーディ・5ボギーの“70”でラウンド。1アンダー・15位タイにつけた。

「練習場で良くなかった。とりあえず、フェアウェイに行ってくれれば」と状態は良いとは言えないなかでのスタートだったが、10番、11番といきなり連続バーディを奪うなど3バーディ・2ボギーと1アンダーでハーフターンを迎える。

だが、後半に試練が。3番でフェアウェイバンカーに入れてボギーを叩くと、そこから4番、5番とまさかの3連続ボギー。一気にオーバーパーになってしまう。そんな悪い流れが変わったのは7番パー5。残り49ヤードからの3打目がもう少しでチップインイーグルかというショットを見せてバーディを奪うと、次の8番でもバーディ。さらに上がりの9番では、「本当ににラッキーだった」と約15mを沈めてバーディフィニッシュ。アンダーに潜って初日を終えた。

「流れが悪くなればボギー打ちますし、良くなればバーディー獲れる。そんな感じでした」と色々あった1日だがアンダーで回れたのは評価できるところ。「前半の感じだったら、もうちょっと伸ばしたかったなって感じありますけど、後半の途中の感じだったらよく戻せたなという感じ」とうなずいた。首位とは3打差。今日の最後の良い流れを明日へとつなげたい。

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>